3階層アプリケーション


3階層アプリケーションとは、GUI層(プレゼンテーション層)、ロジック層、データ層に分割されたアプリケーションのことである。
GUI層では主に入力の受付や、ロジック層へのデータの橋渡し、処理結果の表示など行う。
ロジック層では検索や入庫処理などの具体的な処理を行い、GUI層への処理結果の受け渡しなどを行う。
データ層ではデータの格納や、ロジック層からの要求によりデータの取得し、渡すことなどを行う。
GUI層からデータ層への直接のアクセスは原則として行わない。
3層に分ける目的としては、各階層独立性を持たせることで、システムへの変更を行っても、他の階層への影響を最小限することにある。
現在のWebアプリケーションのアーキテクチャを構成する基本的なモデルの一つである。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です