Installation Error: ApplicationVerificationFailed


開発環境
Flash Builder 4.7
Apache Flex SDK 4.9.1
AIR SDK 3.7

昨日まで普通にiOSでデバッグできていたのに、今日になってデバッグをしようとすると、急に以下のエラーが表示されるようになった。
「Installation Error: ApplicationVerificationFailed」
証明書、プロビジョニングプロファイルも開発用のものが指定されているし、デバイスの登録もできている。(昨日までは正常にデバッグできていた。)
念のためプロジェクトのクリーンを実行したり、FLex SDK や AIR SDKのバージョンを変えてみても一向に改善されなかった。

念のため、昨日のビルドで生成されていた、ipa ファイルの拡張子を .zip に変更し、現在の ipa ファイルと一つ一つ比較してみると、assets フォルダに怪しいファイルが見つかった。
「logo (Miura-no-iMac の競合コピー 2013-08-07).png」
他の Mac の Dropbox のファイルと競合したファイルが生成されていたようである。
このファイルを削除した所、正常に iOS でデバッグできるようになった。

ApplicationVerificationFailed エラーにはいろいろな原因があるようだか、中にはこういった原因もあることを知っていてもいいと思う。

ちょっとした事でも、ハマると本当に時間があっという間。

2013.10.1 追記

原因と思われる箇所がもう1点あった。
開発用の p.12 ファイル(is_development.p12)を生成する際、Mac 標準のキーチェーンアクセスを使用していたのだが、ファイルの生成手順によってファイルサイズが異なることに気づいた。

A
1. 左側のメニューで、キーチェーンを「ログイン」、分類を「証明書」を選択
2. iPhone Developer: XXX XXX(########) と下の行(ツリーの1段下の階層)の開発者名「XXX XXX」を同時に選択
3. 右クリックで「2個を書き出す」を選択し、p.12ファイルを出力
ファイルサイズ:7KB

B
1. 左側のメニューで、キーチェーンを「ログイン」、分類を「証明書」を選択
2. iPhone Developer: XXX XXX(########) のみを選択
3. 右クリックで「iPhone Developer: XXX XXX(########)を書き出す」を選択し、p.12ファイルを出力
ファイルサイズ:4KB

結果的に A だと「Installation Error: ApplicationVerificationFailed」が発生し、
Bだと正常にデバッグできた。

関連記事:

2 thoughts on “Installation Error: ApplicationVerificationFailed

  1. >結果的に A だと「Installation Error: ApplicationVerificationFailed」が発生し、
    >Bだと正常にデバッグできた。

    Bの方法で解決できました。ありがとうございました

    1. ご報告ありがとうございます。お役に立てて良かったです。
      ご返事が遅くなりまして申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です