インターネット


インターネットは当初、専用線から始まり、その後一般回線でも利用が可能となり、WIndows 95 が登場した頃から利用者が爆発的に増大した。インターネットの普及初期(95年頃)はインターネットはお金にならないと見られていたが、その見方と裏腹に、現在ではあらゆる分野でビジネスが行われるようになっている。インターネットは既存の市場の構造も大きく変えている。例えばインターネット広告は、ほぼ一貫して伸び続けたが、それとは対照的に新聞、雑誌など紙メディアの広告費が減り続け、2009年にはインターネット広告が新聞広告を抜き第2位となった。現在、家電から自動車、ロボットに至るまであらゆるものがインターネットに接続されつつあり、新たなビジネスが生まれようとしている。この分野でビジネスを行うには利益の源泉となるプラットフォーム戦略が非常に重要となる。プラットフォームは勝者が利益を独占する性質を持っており、日本企業は様々な分野でプラットフォーム戦略を誤り、利益を失った。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください