Sublime Text 3 初期設定


1. Package Control のインストール

[View]->[Show Console] で以下のテキストをペースト、実行

import urllib.request,os; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); open(os.path.join(ipp, pf), ‘wb’).write(urllib.request.urlopen( ‘http://sublime.wbond.net/’ + pf.replace(‘ ‘,’%20’)).read())

2. 日本語化

Command + Shift + P でCommand Pallet を表示、install packageを選択、Japanize をインストール。

/Users/[user name]/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Default/ フォルダ作成

/Users/[user name]/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Japanize/Context.sublime-menu.jp/*.jp

/Users/[user name]/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Default/ へコピー。

*.jp をコピー後、拡張し、全てのファイルの拡張し、「.jp」を削除。

/Users/[user name]/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/Japanize/Context.sublime-menu.jp/Main.sublime-menu

/Users/[user name]/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/User/ へコピー

※ Mac で全てのファイルを表示する設定になっていない場合には、ターミナルで以下のコマンドを実行
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

3. Shift JIS をサポート

Command + Shift + P でCommand Pallet を表示、install packageを選択、ConvertToUTF8 を選択

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です