プロフィール


三浦 幸太郎  (Kotaro Miura)

ソフトウェア・アーキテクト/ソフトウェア・エンジニア

16歳の頃、パソコンを使った学習に興味を持ち、アルバイト代を貯めて Compaq の CONTURA AERO 4/33C というサブノート型のパソコンを購入しました。メモリが4MBしか搭載されておらず、Windows 3.1 もまともに動かず、MS-DOSマシンとして使っていました。周りに誰もパソコンに詳しい人がおらず、全て一人で問題を解決する必要がありましたが、一つ一つできることが増えていく過程はとても楽しかったです。次第にハードウェアよりもソフトウェアに興味を持つようになり、同じく16歳の頃から独学でプログラミングも始めました。プログラミングを始めた直接的なきっかけは TCARD というMS-DOS版のカード型データベースとの出会いでした。

TCARD を初めて触った時、個人でもデータベースが作れるんだと大きな衝撃を受けました。それ以来、日々学んだことをデータベースに登録し、検索できるようにしていましたが、次第に物足りなくなり、自分でもデータベースソフトを作りたいと思うようになり、MS-DOSに搭載されていたプログラミング言語、QBASIC で見よう見まねで作り始めました。その時は完成には至りませんでしたが、その後、都内のソフトウェア会社に就職、仕事でプログラミング技術を学びながら、SE-DBMS という念願の個人用のカード型データベースソフトを開発し、1999年に一般にも公開しました。

2003年に起業し、主にeラーニング用のWebアプリケーション、スマートフォン/タブレット向けアプリの受託開発や、iroha Noteiroha Quiz といった個人向けの学習ソフト、最近では iroha Board というオープンソースのeラーニングシステムを独自に開発し、提供しています。

株式会社いろはソフト http://irohasoft.jp

アメリカ、ヨーロッパを中心に合計20ヶ国以上/約4年程海外におり、2007年から2009年にかけてアメリカのソフトウェア会社で仕事をしていました。

主に使用している言語は、C#、PHP、Java、JavaScript、ActionScript などです。2012年頃までは Adobe AIR/Flex 関連の技術にのめり込んでいましたが、最近はHTML5/JavaScript関連の技術にのめり込んでいます。

興味のある分野 : クロスプラットフォーム開発技術、オープンソースソフトウェア、eラーニングソフトウェア、創造技法

資格 : システムアーキテクト、情報セキュリティスペシャリスト、応用情報技術者、基本情報技術者など

公立大学法人首都大学東京 産業技術大学院大学 (AIIT)にて 情報システム学修士(専門職)を取得し、現在、国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST) 先端科学技術研究科 博士後期課程に在籍し、学習プロセスに適した収束型の創造技法を研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です